ハイゼラス工法を新たに採用

ホームページリニューアルに伴って、新たに採用した「ハイゼラス工法」のページを作成しました。

ハイゼラス工法は、従来の閉鎖型補強のように柱際にスリットを設ける必要がなく、補強後に構造体や基礎などに影響するような荷重の増加がない、画期的な耐震補強技術で、(財)日本建築防災協会の技術評価を取得しています。

詳細と事例については当サイト内のこちらのページと、『ハイゼラス工法』のページ(ファイベックス株式会社)のサイトをご覧ください。

 

PAGE TOP